HOME
ものづくり補助金とは
補助金 Q&A
申請代行料金
ご挨拶
事務所概要
ご挨拶

ご挨拶

  1. ホーム >
  2. ご挨拶 >
  3. ご挨拶

代表あいさつ

ものづくり補助金の目的

皆様はじめまして。みちてらす法務総合事務所(旧 いわさき法務総合事務所)の代表を務める岩﨑良子です。

昨年、大手人材派遣会社(株式会社パソナ)が経産省中小企業庁の委託を受け、
外国人の就職応援及び中小企業の高度人材確保支援プロジェクトが開始されました。
同プロジェクトに2名の国際業務を専門とする行政書士が参加することとなり、私もその1人として参加致しました。

近畿圏内の各大学で説明会を行い、そこに来ていた留学生に必ず聞いていたことが、
「どうして日本に来たのか?」「日本の企業の魅力は?」という質問でした。
約8割以上の留学生が「日本の技術の素晴らしさ、日本の製品の素晴らしさに魅力を感じるからです。」
と答えたことに、世界から見た日本のイメージはこうなんだと改めて日本のものづくり技術の素晴らしさを実感致しました。

同プロジェクトを通して、多くの企業様(特に製造業者様)とのご縁を頂き、お話を伺う中でほとんどの経営者の方が非常に深刻な人材不足、資金力不足に悩まされている事が分かりました。

ものづくり企業の重要さがアベノミクスの一環として捉えられ、設備投資の活性化が必然である現状において、書類作成のプロである自分が中小企業活性化のために出来る事があるのではと思い、 今年度よりものづくり補助金申請の受注を開始いたしました。

ものづくり補助金の目的

ものづくり補助金申請書類作成のご依頼を受け、企業様との面談の際に「御社の強みは?」と伺うと、「改めて聞かれるとよくわからない。」と答えられる企業様が多くいらっしゃいます。

どのような分野の会社であっても、長きに渡り顧客の信頼を獲得し、他社ではなく御社を選ぶ理由、「自社の強み」が必ずあります。

しかし、どんなに素晴らしい会社で、素晴らしい事業を計画されていても、それを申請書類で表現できなければ、必ずしも補助金の採択にはつながりません。

私が作成させていただく書類によって、補助金が採択されることはもちろんのこと、そういった自社の強みを再認識していただき、営業ツール(会社概要やHPなど)の見直しや、新たな戦略を生み出すきっかけと なり、多くの企業様のよりよい発展につながる一助となれば幸いです。

代表プロフィール

・経産省中小企業庁の委託事業「外国人留学生と中小企業のマッチングプロジェクト」に外国人雇用アドバイザーとして参加。

・現在、大手人材派遣会社による「中小企業の事業承継プロジェクト」の立ち上げメンバーとして参加。

・NPO法人シニアパートナーズ(主に成年後見事業を行う)の理事長を務める。

・東京法経学院にて行政書士講師を務める。

・セミナー実績
 「簡単助成金・補助金講座」
 「外国人を雇用する場合に気をつけること」など